トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

大分市三川に500年 蔵亀山長勝寺のホームページです。

スマートフォン(モバイル表示)の方は上のメニューバーをタップしてください。

お知らせ

2019年6月13日
・吉縁会   令和1年 新規登録会
2018年6月30日
・吉縁会   h30年 新規登録会
2017年10月11日
・おしらせ   稚児衣裳のページを更新しました
› 続きを読む

ブログ

作務衣のこと

お坊さんの着る服と言えば作務衣。素材によって本気の労働用からお出掛け用まで様々なラインナップが展開しています。

ところで、作務衣の耐久性ってどのくらいなの?と思いませんか?上の写真は5年以上前に購入した物に20年前の作務衣のポケットを移植したところです。作務衣は耐久性抜群!良い物ならば平気で10年は持ちますし、メンテナンスすればそれ以上もちます。

2019年2月10日

除夜の鐘

今夜は除夜の鐘、11時半から撞きます。

恒例の精進蕎麦の振る舞いもぜひご賞味ください。

そして…今夜は三川青年会プレゼンツ!燈籠の夕べもパワーアップしてお届けします。

2018年12月31日

今週の絵手紙

今週の絵手紙第59週

10月は気候が良いこともあって、お寺の行事が多い月でもあります。

神戸、京都、福岡、浜松と、行事づくめの日々が終わり、ほっと一息。

神戸は修行道場の法要、京都は本山で研修。福岡はこどもの病院。

浜松は同じ道場で修行した仲間の晋山式。晴天の中、温かく感動的な式典でした。

おなじ浜松でも奥浜名と言われる地域はお祭り好きなところらしく、

会う人話す人みんな明るく楽しい方ばかりで、和やかな時間を過ごせました。

秋の実りもそうですが、格別実り多い日々を過ごさせていただきました。

今月28日には臼杵で吉縁会が開催されます。

方々で頂いた実りある経験を活かしたいです。

2018年10月21日

今週の絵手紙

今週の絵手紙第58週

秋の花々を野にもとめて、花瓶に生けてみました。

・吾亦紅・彼岸花・萩・姫むくげ・白水引草・かりがね草・黄色の花

茶道を修養の糧とする寺庭ですのが、花も生けれないといけないそうで、練習もかねて頑張ったそうです。

何の世界でも一緒ですが、沢山あるものを一つにまとめるのは大変ですね。

 

さて、大分には台風24号が接近中です。今年は災難続きです。

昔、中国に趙州和尚という禅僧がおられました。

 

「災難がやってくるときの心構えを教えて下さい」という質問に返した答えは

 

「よし来た!いらっしゃい」と言うほどのもの。

 

災難でもなんでも受け入れてやるという大きな心の持ち主です。

 

明日は台風の中、吉縁会大分の新規登録会があります。大荒れの天気になりそうです。

台風もいらっしゃい。登録者もいらっしゃい。

 

倦むべき台風もそうやって受け入れることにします。

 

2018年9月29日

今週の絵手紙

今週の絵手紙第57週

一雨ごとに涼しくなってきました。

今朝など寒くて、鐘撞きのとき、猫が暖をもとめて寄ってきます。

絵手紙は蜘蛛の巣です。台所に蜘蛛が巣を作りましたが、丁度日の光が当たり、

虹のようにキラキラと、その美しさを描いたのだそうです。

どちらかというと嫌われ者の蜘蛛ですが、

そんな蜘蛛にもこんな美しさがあったんですね。

「触處清涼」(碧眼録70) という語があります。

~いたるところ見るところ、すべてが素晴らしい~

私も蜘蛛と同じ宿命の身です。

網をかけねばならない宿命の蜘蛛ですが、触處清涼、そのまんまの姿に感嘆しました。

2018年9月20日
› 続きを読む