山門・庫裡改修記録7

石工事

石工事を担当していただくのは 藤原庭園工房 庭師 藤原伸吉 さん
石は京都で何百年と使われてきたものです。
機械の無い昔の物なので、水平でないのが当たり前。
ワイヤーで吊ってすり合わせます。
石の色柄と目地が重複しないように考慮し、削って合わせての繰り返し
最後の面取りは機械では出来ないので全て手作業。
写真ではわかりませんが、ただ単に叩くのではなく、欠かさないためのコツがあるそうです。
手前と向こうで約12cmの高低差。
直線的に上がっていくのではなく、緩やかな弧を描いています。
遂に完成。
四隅に重きを置き、 深めの目地で個々の石を引き立たせています。

藤原さんの師、故 山口正義氏の教えを受け継いだ作品。

山門・庫裡改修記録6

庫裡屋根完成

庫裡の屋根が完成しました。長年の懸念であった雨漏りが解決し、災害に対しても強い庫裡に生まれ変わりました。文久元年の創建から160年振りの大改修でしたが、これによって更にもう100年はもってくれるでしょう。

ついに完成。以前の瓦の数倍強く、荷重も大幅に軽減された
屋根裏から見上げる。新旧の垂木が並び、コントラストが美しい。
同時期に首藤石材さんでは、山門に据える心柱用の礎石の加工が進む。
ちなみに、柱は6本。光付けのため、1㎜たりとも誤差が許されない。
現場では基礎工事が進められる。現存の槙の木を動かさず、生かすことに。

コロナに思うこと

 コロナとの生活も、はや1年間が過ぎました。人と接する機会は激減し、外出もはばかられ、経済は停滞を余儀なくされました。何より実際に罹患された方々のお苦しみを思えば、鬱々とした感の浮沈する日々です。

 しかし、そんな中だからこそ、久しぶりに人とお会いした時の嬉しさは増し、回復して元の生活に戻られた方を聞けばほっと安堵し、手を合わせれば、いま自分の命ある有難さに、みほとけのご加護とご先祖の遺徳のあることを見ずにはおれませんでした。

 けっして平穏とは言えない1年でしたが、報恩謝徳、有難く貴重な日々でもありました。

 コロナでなくても、元々悩みの尽きない日々。緩和策として坐禅を強くお勧めします。簡単に、毎日3分でも坐り、呼吸を調えてみて下さい。3分坐れば3分のやすらぎです。心の調った世界には拡大も終息もなく、どんな現実も受容する力、人や社会を許せる力が自分に元々備わっていた事に気付きます。悩めるあなたに、正しい坐禅をお勧めします。

 心が自ずと調ったら坐より立って、その境涯を日常に向け、自分にしか果たすことのできない役目を社会に活かして参りましょう。

2021年3月13日 | カテゴリー : 偶感, 長勝寺 | 投稿者 : 長勝寺

山門・庫裡改修記録5

庫裡の屋根はまず下屋根から改修に取り掛かり、小屋裏の養生をしてから本体にかかりました。

補強の木材を入れ、弱いところはコーチボルトで補強。
肥松、杉で組む
本体屋根の解体が始まる。瓦の下は土、下地は杉皮や竹が用いられていた。
手で折れるくらいに傷んだ箇所もあった。
棟の不陸は6cm以上あった。昔は土で調整していたため、そのようなことも普通だったようだ。古い垂木の間に少し高い新たな垂木を入れていく。1本づつ高さを調整しながらの作業。
屋根裏の掃除もして頂いた。小麦粉より細かい粉塵を専用集塵機で丁寧に集める。
天井は吊っていた木が落ちていたので、補強材を入れて吊り直した。
野地板はヒノキ。
いよいよ瓦葺きが始まる。瓦は三州栄四郎

山門庫裡改修記録4

山門解体2

雨漏りによる腐朽。裏甲は近代に補修されたようだ
組物はすべてセンダンでできていた
300年前の?落書き
ほとんどが松で組まれている。破風はセンダン。大きな木材は壊すのも大変。
土台もかなり頑丈。重機2台でやっと更地に

山門庫裡改修記録3

山門解体1

庫裡の屋根を解体するには、大型クレーンが進入できる入り口と、クレーンが耐えられる作業半径内に廃材を積み込むトラックが入れることが条件となります。

今回は、道路沿いのブロック塀の一部を解体してクレーンが入れる場所を確保し、山門のあった場所を廃材積み込みのトラック待機所としました。

山門の解体前に、豊後大野市の新福寺さんにお願いして金神除け祈祷をしました。

金神除けのお札。竹に挟んで現場にたてる

旧山門を見上げたところ
戦時中供出された梵鐘が吊るされていた穴
東側から見たところ 解体前に樫の木を伐採した
瓦のあちこちは手で簡単に剥がれる程に崩落寸前のところもあった
鬼瓦は姫路の瓦職人さんに再現してもらう
独特な字体の「長」の字 これも再現することに

丁寧に手壊しで解体を進めました

山門庫裡改修記録2

改修前の写真

深刻な状況がお分かり頂けるかと思います。このような状態でも粘り強く耐えてくれるのが昔ながらの木造の良いところではないでしょうか。また、今回の改修によって、瓦と土の重量を1/3程度にし、今後段階的に補強を加えることで、飛躍的に建物の寿命を延ばせます。

最上部より東側を望む 上から見下ろすと断崖絶壁で足がすくむ
庫裡北面 下屋根の瓦をはがし始めたところ
下から眺めただけでは分からないが、水平に見ると屈曲がよくわかる
このゆがみは創建時からのものだった
軒先 一番痛みが激しい部分
下屋根は重さで茅負が傾いていた
庫裡棟木の中央部 雨漏りで腐朽が進み、土を支えていた竹や葦が、一部土と共に剥落している
竹が落ちて土があらわになっている 雨の日の撮影だったので雨がしみている様子が見て取れる
近代に補修した箇所 下から見るとそうでもないが、上面は雨漏りで朽ちていた

工事していただく衞藤建築さんによると、全体的に傷んではいましたが、小屋組みはしっかりしたものだそうです。今後、新しい隅木や垂木、補強部材を入れることで、構造的に、さらに頑丈になります。 と、簡単に言っていますが、実際はたいへん難しい工事です。開けてみないと傷みの状態はわかりませんし、傷みに応じた補修をしなければなりません。それに立ち向かう技術力と労力、手間がかかります。 普通の大工さんにはこのような工事はできません。

山門庫裡改修記録1

はじめに

 長勝寺の庫裏は約160年前に建てられたものです。幾度となく補修を重ねて今日まで大切にしてきました。最近、雨漏りが酷くなったので心配していたのですが、梅雨のある日、ポタポタと雫の落ちるのに混ざってパラパラ…パラパラと妙な音がしていました。今思えば前兆だったのですが、気づいた時には、大きな土の塊が床の間に落ちていました。

 確認の為に小屋裏(屋根裏)に上がったところ、床の間に落ちたのは瓦の下地の土で、それを支える竹や棟木が雨漏りで腐って支えきれなくなっていました。これは大変だと、すぐに大工さんに見てもらったのですが、もう屋根としての限界を通り越しており、応急処置で対応できる状態ではなく、放置していると更に被害が及ぶとの見解でした。緊急性が高いと判断し、総代会に諮って庫裡屋根の緊急改修を決定しました。

 折しも山門の改修を決めたところで、難しい予算編成を余儀なくされましたが、総代さんの助言もいただき、元々あった晋山式予算の残金に涅槃堂会計からの借入、そして住職からの志納で賄うこととします。

  庫裡の瓦を撤去するためには大型クレーンを入れ、その廃棄物をトラックに載せる広い場所が 必要となります。 元々改修する予定だった山門の空き地をトラックの駐車に使い、山門と庫裡を一体改修することで、作業の効率化を図りました。

 大まかな工程

・庫裡、下屋根の足場設置、下屋根の撤去、下屋根改修

・山門、足場設置、瓦撤去、木部手こわし解体

・山門、基礎解体。植木、石、ブロック壁の一部撤去

・落下防止の為、小屋裏の養生

・庫裡、大屋根の足場設置、瓦、瓦下地の撤去

・庫裡、垂木新設、隅木交換、各所補強、天井裏掃除

・庫裡瓦施工、雨樋施工、足場解体

・山門建設、植栽

・完了

次回以降、画像を用いながら順次公開の予定です。

作務衣のこと

お坊さんの着る服と言えば作務衣。素材によって本気の労働用からお出掛け用まで様々なラインナップが展開しています。

ところで、作務衣の耐久性ってどのくらいなの?と思いませんか?上の写真は5年以上前に購入した物に20年前の作務衣のポケットを移植したところです。作務衣は耐久性抜群!良い物ならば平気で10年は持ちますし、メンテナンスすればそれ以上もちます。

除夜の鐘

今夜は除夜の鐘、11時半から撞きます。

恒例の精進蕎麦の振る舞いもぜひご賞味ください。

そして…今夜は三川青年会プレゼンツ!燈籠の夕べもパワーアップしてお届けします。