山門庫裡改修記録2

改修前の写真

深刻な状況がお分かり頂けるかと思います。このような状態でも粘り強く耐えてくれるのが昔ながらの木造の良いところではないでしょうか。また、今回の改修によって、瓦と土の重量を1/3程度にし、今後段階的に補強を加えることで、飛躍的に建物の寿命を延ばせます。

最上部より東側を望む 上から見下ろすと断崖絶壁で足がすくむ
庫裡北面 下屋根の瓦をはがし始めたところ
下から眺めただけでは分からないが、水平に見ると屈曲がよくわかる
このゆがみは創建時からのものだった
軒先 一番痛みが激しい部分
下屋根は重さで茅負が傾いていた
庫裡棟木の中央部 雨漏りで腐朽が進み、土を支えていた竹や葦が、一部土と共に剥落している
竹が落ちて土があらわになっている 雨の日の撮影だったので雨がしみている様子が見て取れる
近代に補修した箇所 下から見るとそうでもないが、上面は雨漏りで朽ちていた

工事していただく衞藤建築さんによると、全体的に傷んではいましたが、小屋組みはしっかりしたものだそうです。今後、新しい隅木や垂木、補強部材を入れることで、構造的に、さらに頑丈になります。 と、簡単に言っていますが、実際はたいへん難しい工事です。開けてみないと傷みの状態はわかりませんし、傷みに応じた補修をしなければなりません。それに立ち向かう技術力と労力、手間がかかります。 普通の大工さんにはこのような工事はできません。

山門庫裡改修記録1

はじめに

 長勝寺の庫裏は約160年前に建てられたものです。幾度となく補修を重ねて今日まで大切にしてきました。最近、雨漏りが酷くなったので心配していたのですが、梅雨のある日、ポタポタと雫の落ちるのに混ざってパラパラ…パラパラと妙な音がしていました。今思えば前兆だったのですが、気づいた時には、大きな土の塊が床の間に落ちていました。

 確認の為に小屋裏(屋根裏)に上がったところ、床の間に落ちたのは瓦の下地の土で、それを支える竹や棟木が雨漏りで腐って支えきれなくなっていました。これは大変だと、すぐに大工さんに見てもらったのですが、もう屋根としての限界を通り越しており、応急処置で対応できる状態ではなく、放置していると更に被害が及ぶとの見解でした。緊急性が高いと判断し、総代会に諮って庫裡屋根の緊急改修を決定しました。

 折しも山門の改修を決めたところで、難しい予算編成を余儀なくされましたが、総代さんの助言もいただき、元々あった晋山式予算の残金に涅槃堂会計からの借入、そして住職からの志納で賄うこととします。

  庫裡の瓦を撤去するためには大型クレーンを入れ、その廃棄物をトラックに載せる広い場所が 必要となります。 元々改修する予定だった山門の空き地をトラックの駐車に使い、山門と庫裡を一体改修することで、作業の効率化を図りました。

 大まかな工程

・庫裡、下屋根の足場設置、下屋根の撤去、下屋根改修

・山門、足場設置、瓦撤去、木部手こわし解体

・山門、基礎解体。植木、石、ブロック壁の一部撤去

・落下防止の為、小屋裏の養生

・庫裡、大屋根の足場設置、瓦、瓦下地の撤去

・庫裡、垂木新設、隅木交換、各所補強、天井裏掃除

・庫裡瓦施工、雨樋施工、足場解体

・山門建設、植栽

・完了

次回以降、画像を用いながら順次公開の予定です。

作務衣のこと

お坊さんの着る服と言えば作務衣。素材によって本気の労働用からお出掛け用まで様々なラインナップが展開しています。

ところで、作務衣の耐久性ってどのくらいなの?と思いませんか?上の写真は5年以上前に購入した物に20年前の作務衣のポケットを移植したところです。作務衣は耐久性抜群!良い物ならば平気で10年は持ちますし、メンテナンスすればそれ以上もちます。

除夜の鐘

今夜は除夜の鐘、11時半から撞きます。

恒例の精進蕎麦の振る舞いもぜひご賞味ください。

そして…今夜は三川青年会プレゼンツ!燈籠の夕べもパワーアップしてお届けします。

今週の絵手紙

今週の絵手紙第59週

10月は気候が良いこともあって、お寺の行事が多い月でもあります。

神戸、京都、福岡、浜松と、行事づくめの日々が終わり、ほっと一息。

神戸は修行道場の法要、京都は本山で研修。福岡はこどもの病院。

浜松は同じ道場で修行した仲間の晋山式。晴天の中、温かく感動的な式典でした。

おなじ浜松でも奥浜名と言われる地域はお祭り好きなところらしく、

会う人話す人みんな明るく楽しい方ばかりで、和やかな時間を過ごせました。

秋の実りもそうですが、格別実り多い日々を過ごさせていただきました。

今月28日には臼杵で吉縁会が開催されます。

方々で頂いた実りある経験を活かしたいです。

今週の絵手紙

今週の絵手紙第58週

秋の花々を野にもとめて、花瓶に生けてみました。

・吾亦紅・彼岸花・萩・姫むくげ・白水引草・かりがね草・黄色の花

茶道を修養の糧とする寺庭ですのが、花も生けれないといけないそうで、練習もかねて頑張ったそうです。

何の世界でも一緒ですが、沢山あるものを一つにまとめるのは大変ですね。

 

さて、大分には台風24号が接近中です。今年は災難続きです。

昔、中国に趙州和尚という禅僧がおられました。

 

「災難がやってくるときの心構えを教えて下さい」という質問に返した答えは

 

「よし来た!いらっしゃい」と言うほどのもの。

 

災難でもなんでも受け入れてやるという大きな心の持ち主です。

 

明日は台風の中、吉縁会大分の新規登録会があります。大荒れの天気になりそうです。

台風もいらっしゃい。登録者もいらっしゃい。

 

倦むべき台風もそうやって受け入れることにします。

 

今週の絵手紙

今週の絵手紙第57週

一雨ごとに涼しくなってきました。

今朝など寒くて、鐘撞きのとき、猫が暖をもとめて寄ってきます。

絵手紙は蜘蛛の巣です。台所に蜘蛛が巣を作りましたが、丁度日の光が当たり、

虹のようにキラキラと、その美しさを描いたのだそうです。

どちらかというと嫌われ者の蜘蛛ですが、

そんな蜘蛛にもこんな美しさがあったんですね。

「触處清涼」(碧眼録70) という語があります。

~いたるところ見るところ、すべてが素晴らしい~

私も蜘蛛と同じ宿命の身です。

網をかけねばならない宿命の蜘蛛ですが、触處清涼、そのまんまの姿に感嘆しました。

今週の絵手紙

 


今週の絵手紙第56週

スイカやビール、ちょっと昔は井戸の中に入れて冷やしたそうですね。

私は残念ながらそんな経験はありません。

長勝寺には台所、中庭、裏手と井戸が3つあります。

中でも台所の井戸は水質が非常に良く、災害時も使えるように手押しポンプも設置しています。

お茶などを沸かした井戸水で入れるとなかなかの味です、内輪で「長勝寺名水」などと言ってみたり。

まさに大地の力を頂くという感じでしょうか。

 

さて、以前書きましたが、長男はバクタール連合という難病を抱えています。

先日、無事に1歳の誕生日を迎えることができました。

毎日元気に過ごさせて頂いております。

これも、仏さまのご加護やお世話になっている皆様のお蔭と感謝いたしております。

まだまだ、未解決の症状が山積していますが一つ一つ丁寧に向き合っていこうと思います。

なにより、当の本人の笑顔に毎日癒され、勇気をもらっています。

 

今週の絵手紙

今週の絵手紙第55週目

お盆のご供養も無事に終わり、少しばかり夏休みを頂いています。

毎年お盆疲れが出てきて夏休みどころではなくなるのが通例、さて今年はどうなるやら。

お盆の花と言えば、ほおずきが真っ先に思い浮かびます。

今はそんなこと知っている方もほとんどおられないと思いますが。

昔はほおずきの実で笛を作ってブーブー鳴らすのが恒例だったようです。

なんでもおもちゃにしてしまう昔の人の想像力に驚きを感じます。

お寺では毎年8月16日に過去帳を中央にお祀りして施餓鬼供養をし、先祖供養を営みます。

500年伝わる過去帳。

近年、小学校の夏休みが短くなり議論を呼んでいるようですが、今も昔も変わらないのは

やっぱり宿題のようです。

お盆が終わった私の宿題は過去帳のデジタル化。

はあ~、気が遠くなる。今日この頃です。

 

夏休み子供坐禅会

今年も恒例”夏休み子供坐禅会”が始まりました。

今年はお祭りとの兼ね合いで前期のみ5日間の開催です。

本堂は約50枚の座布団でいっぱい!

子供向けに、なるべく分かりやすいようにと意識していますが、中々難しいものですね。

学校の先生方のご苦労が少し分かりました。